おすすめマンガ情報~名作発掘

コミック情報をまとめています。

*

あひるの空

   

背の低い車谷空が主人公の日向武史原作の週刊少年マガジン連載のバスケットボールを題材にした漫画です。身長150センチの主人公がバンバンと3Pシュートを決める姿はとてもすがすがしいです。
とにかくバスケットボールのシーンのここぞという場面の絵にスピード、躍動感がハンパではないです。
登場人物もとてもユニークなキャラクター(シュートの入らないセンター、刺青がうでに入ったエース、生意気だけどセンスは抜群の後輩、それらをまとめている?わがまま、カール大好きなセンターの双子の兄)も充実していて、バスケシーン以外の日常生活の話もとても面白いです。

主人公が所属する九頭龍高校以外のライバル高校も、充実しています。
どのスポーツ漫画でも強豪高校は当然描かれてますが、あひるの空では、万年1回戦負けの弱小高校や不良校でバスケをがんばろうする選手が良く描かれていて、学生時代にスポーツをやっていた人たちは、こちらのほうに感情移入する人も多いのではないかと思います。
とにかく、最近のバスケットボールを題材にした漫画では最高の1冊だと思います。

 - 漫画レビュー